フラット35の借り換え!

住宅ローンの見直しをしないと損しますよ!今がチャンス

新着情報

仙台でトヨタホームがスマートハウスの分譲開始!6月29日から

東日本大震災で電力やエネルギーについて大きな問題を実際に感じた地区、仙台市でトヨタホームのスマートハウスの分譲が始まりました

えきまちスマートグリーンタウン荒井東

分譲地の名称は「えきまち スマートグリーンタウン荒井東」。2015年開業予定の仙台市営地下鉄東西線「荒井駅」(仮称)から徒歩10分とアクセス良好。総区画数は73区画で、トヨタホームはこのうち36区画を販売する。

トヨタホームとうほくが分譲販売する36区画のスマートハウスはHEMS(ホームエネルギーマネジメントシステム)と太陽光発電システム、EV・PHV充電機、給湯機エコキュートを標準装備した住宅で、万が一の停電時などでも購買電力に頼らなくても数日の生活が可能。

第1期の販売は建築条件付き分譲地で、スマートハウスが並ぶスマートタウンのモデルとしても注目ですよね。

電気やエネルギーの大切さを肌身を持って感じられた東北の方のスマートハウスに対する印象はどう映るのでしょうか。

土地販売価格は1500万円~1800万円。

所在地は仙台市若林区新井字南原田55-2

トヨタホームのスマートハウス『シンセシリーズ』

スポンサードリンク

 

-新着情報