フラット35の借り換え!

住宅ローンの見直しをしないと損しますよ!今がチャンス

補助金や減税について

消費税の8%化に伴って住宅購入にどれだけの金額差が出るのか

消費税のアップで住宅購入に掛かる金額がどれだけ変わるのか?!

2014年の4月に消費税が現在の5%から8%に上がることは皆さんご存じだと思います。

さらに2015年の10月からは何と消費税が10%にまでアップするのでスマートハウスや住宅を購入するのは間違いなく今がチャンスですよ。

消費税が上がるといった事以外にも現在のスマートハウスの補助金制度や減税措置は年を追うごとに減額して行きますし、住宅ローン控除が増額すると言っても雀の涙程の金額!

さらにアベノミクス効果で景気が上向くと、住宅ローンの金利も上昇して行く傾向にあります。

そういったことを踏まえると現在がスマートホームを購入するタイミングなんです。

じゃあ具体的にどのくらい金額に差が出てくるのかというと。

建物価格が2700万円の住宅を購入した場合

消費税8%になると

何と消費税が3%増加すると81万円の支払い増加になるんです。さらに2015年10月以降だと135万円のアップ。軽自動車が楽々購入できる金額差になります。

こういったことからも、現在の消費税率5%のうちに住宅購入を検討した方が間違いなくお得なんです。

駆け込み需要で住宅供給が追い付かなくなる可能性もあると思うので、今からタイムテーブルを設定して住宅購入を計画することをお勧めします。

スポンサードリンク

 

-補助金や減税について