フラット35の借り換え!

住宅ローンの見直しをしないと損しますよ!今がチャンス

スマートハウスとは

電気を貯める『畜エネ』はスマートな電力使用の基本

畜エネ

スマートハウスを建築する上で電力を貯めておく『畜エネ』は生活をよりよく、環境にも配慮できる大切なファクターになります。

このエネルギーを貯める『畜エネ』について。

畜エネの種類

蓄電池

一番有名な畜エネと言えばこの蓄電池です。最新型のリチウムイオン電池から鉛電池までサイズや価格に色々な種類がありますが、エネルギー(電力)を貯めるという部分で大切なユニットです。

日中に太陽光発電で作りだした電力を畜電して、夜間や天候の悪い日に利用します。

無駄な電力垂れ流しを防ぐ、スマートハウスに欠かせないモノの一つです。

電気自動車(EV・PHV)

電気自動車の蓄電池もスマートハウスの電力として利用することが出来ます。太陽光発電の電気を電気自動車に畜電して、夜間に利用したり、蓄電池の予備電源としても活躍します。

このように作りだしたエネルギー『創エネ』を無駄なく使用するために必要なのが『畜エネ』です。

しっかりとエネルギー(電力)を家で貯めておくことにより万が一の震災や停電時にも電気が使える環境が確保できます

このような大切な電力やエネルギーをHEMSで一括管理し、トータルでコスト削減やCO2削減を行うのがスマートハウスのメリットです。

スポンサードリンク

 

-スマートハウスとは