フラット35の借り換え!

住宅ローンの見直しをしないと損しますよ!今がチャンス

スマートハウスとは

「ライフサイクルカーボンマイナス住宅(LCCM住宅)」とは?

ハウスメーカーは、家で生活をする上で、全体のCO2排出をマイナスにするという「ライフサイクルカーボンマイナス住宅」通称「LCCM住宅」の実現に向けて、スマートハウスの開発を行っています。

LCCM住宅

日本は長期目標として、2020年に温室効果ガスを1990年比で25%削減すると明言していますが、実情はCO2の排出は増え続けています。

この目標を達成するために、ハウスメーカーとしては、二酸化炭素の排出を抑えるために「スマートハウス」の開発に取り組んでいます。

その中で、「LCCM住宅」とは、家に住んでい排出するCO2の排出を削減するのはもちろん、さらに太陽光などを利用した再生可能エネルギーを作りだす事により、プラスマイナイスでCO2の収支をマイナスにするという事を目標にされた住宅です。

ここでおもしろいのが、「LCCM住宅」を作る際に排出されるCO2も含めてマイナスにしようという取り組みになっています。

具体的には、まず家で生活する上での二酸化炭素の排出を抑える事を目指しています、そして太陽光発電などの再生可能エネルギーや、LED電球、エコキュート、高効率エアコンなどを採用して、トータルでCO2の削減のマイナスを目指しています。

この「LCCM住宅」を達成するために、たくさんのハウスメーカーから「スマートハウス」の提案がされているんです。

スポンサードリンク

 

-スマートハウスとは