フラット35の借り換え!

住宅ローンの見直しをしないと損しますよ!今がチャンス

LEAF to Home

「LEAF to Home」の壮大な野望

日産が提供する「LEAF to Home」は、電気自動車を電力供給源にするテクノロジーで、「スマートハウス」にも大きく貢献するシステムです。

リーフを蓄電地にするシステム

日本の一般的な家庭の1日の消費電力量は、10~12kWhと言われています。

日産リーフのリチウムイオンバッテリーの容量は24kWhになっています、と言う事は、日産リーフにフル充電しておけば、約2日間の消費電力をまかなう事が出来ます。

しかも、走行する車にリチウムイオンバッテリーが搭載されているので、信頼度も抜群になっています。

「LEAF to Home」の使い方は、家の分電盤に接続された電力制御装置を介して、日産リーフに充電を行います。

もちろん、タイマー予約なども可能になっています。

日産の大きな野望は、日産リーフをたくさん販売する事によって、大量生産により、現在は、価格が高いリチウムイオン電池の価格を下げる事を考えています。

現在はハイブリッドカーが主流になっており、電気自動車はまだまだ普及していませんが、日産リーフのような電気自動車がたくさん売れると蓄電地の価格が下がるので、「スマートハウス」の価格も大きく下がる可能性があります。

日産は、リーフを販売しながら、世界の蓄電地の主導権を取ろうと目論んでいるんです。

スポンサードリンク

 

-LEAF to Home