フラット35の借り換え!

住宅ローンの見直しをしないと損しますよ!今がチャンス

スマートハウスとは

スマートハウスの簡単な説明

最近良く『スマートハウス』という言葉を聞きませんか?!

分かりやすく言うと『ITを使って家の中のエネルギー消費を抑え、最適にする住宅』のことです。

一言で言うのは難しいのですが、エネルギーの消費効率をしっかりと考え環境にも配慮した近代的な家というイメージでいいと思います。

スマートフォンやスマート家電など、スマートという言葉がちょっとカッコいい響きにもなっていますよね。

そんなスマートハウスはこれからの成長産業で、日本国内全体の消費電力を減らす効果があることから注目されています。

スマートハウス

このスマートハウスの共通規格である『HEMS(home energy management system、家庭内エネルギー管理システム)』は日本の大手家電メーカー各社(KDDI、パナソニック、東京電力、日立製作所、三菱自動車、三菱電機、シャープ、ダイキン工業、東芝、日本電気の10社が開発に参加)が一致協力体制で取り組んで実現したシステムで、家の中の電力が一括管理でき、消費電力を視覚化して表示したり、遠隔で運転制御したりできます。

家を購入する際に住宅ローンも当然ですが、この光熱費も絶対にかかる経費ですので重んじなければなりません。

スマートハウスの光熱費は従来の家よりも抑えられ、上手く使えば売電もできる可能性を十分に秘めています

毎月のローンの支払い以外に掛かるこの光熱費が無くなれば?!

スマートハウスは未来のエネルギー政策にも左右されにくい安定したモデルになっていくはずです。

スポンサードリンク

 

-スマートハウスとは