フラット35の借り換え!

住宅ローンの見直しをしないと損しますよ!今がチャンス

用語集

パッシブハウスの意味

スマートハウスを語る上で大切になる言葉『パッシブハウス』ってご存知でしょうか?!

あまり聞いたことが無いとおっしゃる方多いと思いますがこのパッシブハウスという志向がスマートハウスを有効利用する上でとても重要になってきます。

パッシプとは受動的という意味で、能動的の反対語です。

太陽光発電等の自然エネルギーを能動的に活用してスマートハウスは構築されていますが、その一方で受動的に得たエネルギーを逃がさないという考え方がパッシブハウスです。

パッシブハウス

自然で得ることのできる太陽光や風、湿度などを最大限に利用して四季を通じて快適な生活空間を実現させるための設計で施工される住宅の事です。

具体的には、家を建てる際に注視されるのが高断熱・高気密の構造で、さらに敷地の特徴別に風の通り道を計算して窓を配置し、自然光をより多く取り入れることで照明や冷暖房、給湯などのエネルギーの使用量を根本的に削減して行く住宅です。

このパッシブハウスをスマートハウスの基本とすることで作り出すエネルギー量が少なくても快適に生活できるようになります。

簡単にいいかえるとエネルギー消費の少ないエコ住宅ということです。

スポンサードリンク

 

-用語集