フラット35の借り換え!

住宅ローンの見直しをしないと損しますよ!今がチャンス

スマートハウスとは

スマートハウスという言葉の定義

スマートハウスという言葉、良く聞くけど一体どういう意味なのかハッキリわからないということないでしょうか。

スマートハウスの定義

『光熱費が安くなる家』や、『エコ住宅』などとどう違うのか分かりにくい部分が多いですよね。

そこでスマートハウスという言葉の定義や概念、特徴をおさらいしておきましょう。

スマート(賢い)という意味で使われているのですが、IT情報を駆使して家の中のエネルギー情報を管理し、最適に使えるようにすることです。

例えば太陽光発電システムや、燃料発電システム(エコキュート)、それらで発電した電気を貯め置く蓄電池、等の発電や蓄電システムを始め、生活の中で電気を使う(消費する)照明やエアコン、冷蔵庫などの生活家電等で使う消費電力全てを管理して、リアルタイムに電力をどれだけ使用しているか、どれだけ電気を貯めれているかというしっかりと見ることが出来るシステム(HEMS)を持っている家をスマートハウスと呼んでいます。

もちろん節電やエコ対策に大きく寄与しているのは言うまでもないですが、生活を縛って節電を無理に行ったりするのではなく、効率の良い電力使用方法などを数字をもとに提案してくれる家ということですね。

電力をはじめとする光熱費が抑えられるということはもちろん、生活全体を便利にしてくれるのも特徴です。

電力系統ばかりが注目されていますが、他にも生活の中で使える様に進化して行きます。

具体的には帰宅前に家の中のエアコンを付けたり、外出中の防犯センサーのチェックが出来たり、毎日の体重を体重計を通して管理してくれたりと、ITと家の融合が大きな目的です。

このスマートハウス、家単体の言葉ですが今後はスマートタウンと呼ばれる複数のスマートハウスの集まりの町となり、スマートグリッド(次世代電力網)を現実的にしていく第一歩です。

スポンサードリンク

 

-スマートハウスとは