フラット35の借り換え!

住宅ローンの見直しをしないと損しますよ!今がチャンス

スマートハウスとは

パッシブハウスがスマートハウスの基本となる

スマートハウスを建てるうえで重要な事の一つに「パッシブ設計」というモノがあります。

太陽光発電システムを屋根の上に載せ、蓄電池で電気を貯めてHEMSで賢くエネルギーを管理して、とスマート機器を取り揃えても肝心の住宅本体がエネルギーを逃がしてしまう様なつくりだと無駄が発生します。

そのエネルギーの無駄が極力少なく、自然の太陽光を取り入れたり、涼しい風を有効活用したりする家の事をパッシブハウスと言います。

パッシブハウス

スマートハウス建築に欠かせない省エネのためのパッシブハウスは大きく分けて以下のようなものがあります

高気密・高断熱

住宅で使うエネルギーの大きな部分を占める冷房や暖房の電力を少しでも抑える為には、『高気密・高断熱』住宅で外気温にできるだけ影響されないようにすることが大切です。

屋根・壁・床はもちろん、窓やサッシ・扉などに隙間が無くしっかりと換気口以外は密閉出来ているかどうか。

断熱についても壁の中にある断熱材以外も複層の窓・サッシ等を利用し、熱が外に漏れないようにする必要があります。

太陽光の取り入れ

太陽の光を直接住宅に取り込むことで暖かい熱が発生します。冬場だとこの太陽光をできるだけたくさん取り入れるように、逆に夏場は入れないようにするための知恵が必要です。

太陽光を取り入れる角度が調整できるルーバーを設置したり、庭に落葉樹を植えることで夏は葉が茂り遮光市、冬は葉が落ちて光が差し込むという自然の利用もパッシブハウスでは重要な事の一つです。

上手に太陽光を取り入れることで照明を使う頻度も下がり省エネにつながります

風の取り入れ

春や秋等の季節は自然の風を上手に取り入れることでエアコンを使わずに生活することが可能です。

住宅の中の風の通り道を考え、吹き抜けや廊下、階段などを有効活用して気持ちの良い季節を感じましょう。

そうすることで1年間を通じて空調エネルギーを使用する期間がどんどんと短縮されます。

これらのようにパッシブハウスという考え方がスマートハウスの基本となるのです。

エネルギーを創り出すことも大切ですが、まずエネルギーを少しも無駄にしないということが大前提です。

エネルギーを無駄に作らないということはトータルで地球上のCO2削減にもつながります。

これこそスマートハウスの最終目標ではないでしょうか。

スポンサードリンク

 

-スマートハウスとは