フラット35の借り換え!

住宅ローンの見直しをしないと損しますよ!今がチャンス

太陽光発電について

売電価格の近年の推移状況。下がってきています。

太陽光発電での余剰電力買い取り価格が近年下がってきているのをご存知でしょうか。

電気買い取り価格

電力の買い取り制度が始まった2010年は1kW当たり48円だったんですが2013年度現在の電力買い取り価格は38円です。

太陽光発電 2010年度 2011年度 2012年度 2013年度
販売価格
48円/1kW
42円/1kW
42円/1kW
38円/1kW

このように年々価格が下がってきているのは余剰電力買い取りは政府からの補助金ということなので当然ですよね。

太陽光発電システムが普及すればするほどこの金額は下がり続けるはずです。

ですが10年間は売電を契約した年度の金額で売ることが出来るので出来るだけ早く売電契約をした方が得なも事実です。

スマートハウスにとって切ってもきれない関係の太陽光発電での電気使用と余剰電力の売電、この価格というのは光熱費削減に大きな影響を与えます。

この表を見ると4円単位での価格見直しがなされているのが分かると思います。

次の価格改正はいつの年度なのかは分かりませんが、34円になると予想されます。

約10%の価格ダウンとなるのでおのずと売電での収益も10%下がるのは明白です。

スマートハウスや太陽光発電を検討されている方、価格が下がる前に早く決断した方が得ですよ!

「太陽光発電」は大きく分けて2つのシステムがあります

太陽光発電は4~5kW分搭載するべき

スポンサードリンク

 

-太陽光発電について