フラット35の借り換え!

住宅ローンの見直しをしないと損しますよ!今がチャンス

補助金や減税について

リチウムイオン蓄電池の補助金について

定地用リチウムイオン蓄電池導入支援事業についてかみ砕いて説明したいと思います。

畜電池補助金について

スマートハウス建築で太陽光発電で得た電気をためておく住宅用のリチウムイオン蓄電池が補助金の対象となります。

蓄電池のみではなく、直流電気を交流に変化させるパワーコンディショナーやインバーター、コンバーター等の電力変換装置と共に一体的に構成されたシステムが対象です。

補助金の概要

期間 平成24年3月30日から平成26年3月31日(予定)

補助金額 個人の場合設置する蓄電池システムの1/3の金額 上限100万円

補助対象機器 環境共創イニシアチブが認める蓄電システム 対応機器についてはこちらをご覧ください

スマートハウスの便利さを大きく左右するリチウムイオン蓄電池システムはどうしても高価なのがネックですが、現在なら補助金が1/3出ます。

上限も100万円までと枠が大きいのが魅力ですよね。

太陽光発電システムとセットで導入すれば夜間の購入電力が大幅にカットされますし、深夜の割安電力を蓄えておくことも可能になります。

間違いなく補助金制度があるうちに導入することをお勧めします!

スポンサードリンク

 

-補助金や減税について