フラット35の借り換え!

住宅ローンの見直しをしないと損しますよ!今がチャンス

補助金や減税について

エネファームに関する補助金『家庭用燃料電池』

民生用燃料電池導入支援補助金について。

エネファームの補助金

分かりやすく言うとエネファーム(燃料電池システム)についての補助金です。

都市ガスやLPガスから水素を取り出し電気を創り出、同時に発生した熱で給湯も行う家庭用機械(エネファーム)はエネルギー効率が高くCO2の発生も格段に抑えられるため、国の意思と同一方向を向いているため補助金の対象機器となっています。

補助金の金額が少しややこしくなってますのでしっかり確認してください。以下に説明します。

補助金の制度について

期間 平成26年2月28日まで

対象となるエネファームシステムの購入費用と『従来の給湯器』(ここでは23万円と規定する)の機器費用との差額の1/2と、設置工事費の1/2を合計した金額。

上限金額は第1期70万円、第2期50万円 現在は上限45万円

分かりやすく言うと、購入するエネファームシステムの機器代金-23万円の半額と設置工事代金の半額の合計です。

新品にかぎる。中古品は対象外です。

補助金の対応機器はこちら

補助金の上限金額が下がってきています。現在の上限は45万円ですが、時期が遅くなればまだ下がって行く可能性が高いです。

決断するなら早い目がお勧めです。

スポンサードリンク

 

-補助金や減税について