フラット35の借り換え!

住宅ローンの見直しをしないと損しますよ!今がチャンス

補助金や減税について

太陽光発電システム導入時の補助金について

住宅用太陽光発電導入支援復興対策基金造成事業補助金について。

太陽光発電システムの補助金です。

太陽光発電補助金

スマートハウスや一般住宅に太陽光発電システムを設置するに当たって出る補助金で『一般社団法人太陽光発電協会/太陽光発電普及拡大センター(J-PEC)』が募集を行っています。

太陽光発電パネルの出力が補助金の金額を決めますので出力が高いほど(パネルをたくさん載せるほど)沢山補助金が貰えます(上限10kWまで)

補助金の詳細制度

応募期間 2013年4月17日から2014年3月31日まで

補助金額

1kW当たりの太陽光発電設備の金額 1kW当たりの補助金額
2万円~40万円以下
2万円
40万円~50万円以下
1,5万円

分かりやすく説明すると、搭載する太陽光発電設備全ての金額が200万円で4kW発電する太陽光パネルなら、1kW当たりの太陽光発電設備の金額は50万円となるので4kW×1,5万円で6万円の補助を受けることが出来ます。

対象機器

  • 太陽光発電による電気が、当該太陽光発電システムが設置される住宅において消費され、連系された低圧配電線に、余剰の電気が逆流されるもの
  • 太陽電池の公称最大出力、またはパワーコンディショナの定格出力のいずれか小さい方の値が10kW未満で、かつシステムの補助対象経費が50万円(税抜)/kW以下であること
  • J-PECにより登録されているシステムであること
  • 太陽電池モジュール・パワーコンディショナは未使用品であること

太陽光発電は補助金がもらえる上に設置後には売電で収入を得ることが可能な設備です。

スマートハウスでの光熱費ゼロを目指すには無くてはならない設備ですので、補助金対象中に導入すればイニシャルコストも下がり投資金額を回収できる可能性がさらに高くなります。

以前は『住宅用太陽光発電高度普及促進復興対策基金造成事業費補助金』という名前で補助金額も1kW当たり3,5万円or3万円と高額だったのですが、現在は少し補助金額が下がってしまっているのが事実です。

スポンサードリンク

 

-補助金や減税について