フラット35の借り換え!

住宅ローンの見直しをしないと損しますよ!今がチャンス

新着情報

低炭素住宅の認定

2013年の10月に住宅の省エネ基準が14年ぶりに改正されることになっています。

スマートハウスの建築にも大きく影響するはずです。

14年前の省エネ住宅の基準となっているのは高断熱・高気密が中心で、現在の太陽光発電やLED照明などの技術がまだない頃のものなので見お直しが必要とされているのです。

その見直しより先にできたのが『低炭素住宅』の認定制度です。

低炭素住宅

低炭素住宅とは、一定の基準に照らし合わせて低炭素化に貢献している住宅の事で、地方自治体が認定したモノを指します。

認定に必要な基準は、『省エネルギーに関する基準』と『その他の低炭素化に資する措置』の2つに分かれ、どちらの基準も満たす必要があるのです。

この低炭素住宅に認定されると、住宅ローンの優遇や、税制での優遇を受けることが出来ます

低炭素住宅を建築するためには通常の住宅より費用がかかるため、国が政策として支援しているというのが現状です。

この『低炭素住宅』の認定は改正される新しい省エネ基準より環境性能高い住宅の事で、省エネ法の省エネ基準に比べ、一次エネルギー消費量が△10%以上となることが必要です。

スポンサードリンク

 

-新着情報