フラット35の借り換え!

住宅ローンの見直しをしないと損しますよ!今がチャンス

一戸建て

在来工法は日本の伝統的な建築方法です。

在来工法っていったいどういう建築方法なのか?!正式には『木造軸組構法』と言うんですがあまり聞き慣れないですよね。

日本家屋の伝統的な工法で、柱と梁で建物の軸組みを構築して家を支える工法の事を指します。

もちろんたくさんのスマートハウスもこの工法で建築されています。木のぬくもりを伝えることが出来る一番の工法だと思います。

在来工法

昔は柱に継ぎ手やホゾ、仕口等の複雑な加工を現場で行いながら組み上げる為に、職人の高度な技術とある程度の工期が必要だったが、最近では機械によって柱や梁などを均一にカット、加工する技術が発達したために、現場では組み立て作業のみと言うことが多くなっています。

そのため工期も短縮することができるようになっています。

他にも筋かいの代わりに構造用合板などを柱の間に張ることで、耐震性や気密性、断熱性を上げる事が行われ、どんどんと進化も遂げている工法です。

スポンサードリンク

 

-一戸建て