フラット35の借り換え!

住宅ローンの見直しをしないと損しますよ!今がチャンス

スマートハウスとは

省エネのための室温保持技術

スマートハウスにはエネルギー消費を抑える『省エネ』と、エネルギーを作り出す『創エネ』、作った電気を貯めてロスをなくす『畜エネ』が大切だということなんですが、この3つを細かく見ていきたいと思います。

断熱技術

まず今回は『省エネ

これは普段使っていない電気を消す、エアコンの温度設定を変えるなどももちろん大切ですが、スマートハウスでは、家自身がエネルギーの使用量を抑えても快適に生活できるということをコンセプトに様々な省エネ対策が施されています。

そのためには家での使用エネルギーの50%を占める室温管理のためのエネルギー使用を減らすことが大切です。

快適な室温を保持する技術

ダブルスキン

壁や窓を2重にすることで空気によるもうひとつの断熱層を作り出します。この空気を循環させることにより省エネを図ります。海外、特にドイツでは高層建築で用いられていますが、これを一戸建てに採用。

スマートウィンドウ

センサーを搭載し、季節や時間、光の入り方で瞬間で透明のガラスからすりガラスに変化する窓。断熱性や日射遮蔽性が高くなり冷暖房に使うエネルギーを削減できます。

ウォーターウォール

水や潜熱蓄熱材を壁に組み入れることで太陽熱を集め、暖房のためのエネルギーの削減に尽力し、省エネを測ります。

このような技術を使うことによって生活している人が無理することなく省エネを実現して行くというのがスマートハウスにとって大切な事です。

スポンサードリンク

 

-スマートハウスとは