フラット35の借り換え!

住宅ローンの見直しをしないと損しますよ!今がチャンス

新着情報

1200万円台のスマートハウス『cashico(カシコ)』!

スマートハウスと聞くと建築費が高い!ということをイメージしませんか。実際に普通の住宅よりは創エネや畜エネ用の機器のため価格が高騰するのは仕方がない事です。

しかし、長い目で見ると本当に高いものなんでしょうか?!

cashicoスマートハウスカシコ

今回中国地方、広島県で『スマートハウス、実質1200万円台から』というコピーでハウスプロジェクトを「賢く暮らす家づくりの会(広島県)」がスマートハウスの『cashico(カシコ)』を期間限定で売り出しました!

消費税増税前の契約が可能な2013年9月30日まで!

どうしてこんなに安いスマートハウスが?と思いますよね。

で、ちょっと内容を見てみたら実質の建築費用は2300万円。これは妥当な値段。

この価格から、今現在出る補助金と、太陽光発電で得られる売電収入を引いた金額が1200万円になるということ。フムフム。

安いスマートハウスの内訳

そんなに売電収入ってあるの?と思われる方多いと思います。

この『cashico(カシコ)』は搭載太陽光発電容量が何と10kW,これは太陽光発電でイニシアチブをとるセキスイハイム等の搭載容量の約2倍!

計算では1カ月に3万3000円程の売電収入があるとの試算で20年間で約809万円のプラスと計算。

さらに補助金がゼロエネルギー住宅補助金制度で165万円、さらに木材利用ポイント事業の補助金で60万円相当。

2300万円-809万-165万-60万=1266万円という計算になります。

これは20年間太陽光発電などの故障が無く、売電価格が10年後の変更も38円をキープした場合です。

では実際に安いのか?

この『cashico(カシコ)』、先ほども上げたようにゼロエネ住宅に相当する高断熱高気密で、2300万円というのはそんなに高額ではないと感じます。

売電価格での差し引き金額を少なく見積もっても、20年間で半分の約400万円は生み出すはずなので、1600万円台と覚悟しておくと、購入に前向きになれるかも。

20年間のトータルで考慮すると1600万円台でのスマートハウスを建築できるというのはお勧めだと思います。

広島にお住まいの方は検討の余地は十分にあるはずです。

こういったスマートハウスの分譲形態は各地方でもっと活性化すればいいんですけどね。

cashico(カシコ)公式ページ

スポンサードリンク

 

-新着情報