フラット35の借り換え!

住宅ローンの見直しをしないと損しますよ!今がチャンス

HEMS

自分で取り付けできるHEMS『フレッツ・ミルエネ』はお手軽導入可能

自分で取り付けが出来るHEMSの代表と言えば『フレッツ・ミルエネ』ですよ。スマートハウス化をまずHEMSで感じましょう。

このHEMSはフレッツ光回線の契約者が使用できるサービスで、エネルギー計測器は住宅の分電盤にクランプ接続するだけ!

電力使用機器のコンセントに情報集タップを付けることで電力エネルギーの使用状況をチェックすることが出来ます。

hemsフレッツミルエネ

モニターはパソコンやスマートフォンを使用して見える化を実現、もちろん専用モニターもラインナップされていますよ。

自分で取り付けできるというところで導入価格に工事費が加算されないし、もちろん補助金対応機器なのでイニシャルコスト(初期投資金額)が抑えられるのが特徴ですよ!

さらに今住んでいる住宅(既設住宅)への取り付けももちろん簡単。集合住宅や中古住宅でももちろん取り付け可能!

毎月のコストはフレッツ・ミルエネの月額使用料金210円が掛かりますが、毎月の光熱費削減可能金額1000円~2000円と考えると導入してもいいんじゃないでしょうか。

フレッツミルエネはHEMS機器の購入(補助金対象です!)とレンタルがあり、レンタルの場合は毎月使用料420円。この場合は補助金対象外。

コンセントタップでのエネルギー管理ということなので電気使用量が見たい機器全てにコンセントを付けて見える化はできるのですが、エネルギーが見えるだけで、オンオフしたり、節電したりというのは全て人の手で行う(自動省エネではない)というところが気になるところではありますが、これは導入金額と、自分で取り付けできる機器ということの相殺だと思います。

現状よりもっと節電したいなと思っている方、電気使用量が目で見えるようになれば効果は抜群ですよ。

今ならキャンペーンでギフト券3000円分も貰えるよ!

価格について

スタンダードなタップが3個ついて専用のモニター端末が1台のタイプ(スタンダードパック60A(S))で52,500円。

補助金対象なので、利用すると消費税のみのしはらいで導入可能な超低価格ですよ!!

タップを4~5個増設しても補助金額内の10万円までに収まるかな。

HEMSの補助金について

フレッツミルエネ公式ページ

同じくタップ型のシャープのHEMSはタップ型の『電力見える化システム』で取り付け簡単!

スポンサードリンク

 

-HEMS