フラット35の借り換え!

住宅ローンの見直しをしないと損しますよ!今がチャンス

HEMS

水道とガスのHEMS見える化にはパルスメーターが必要

スマートハウスのエネルギーを全て管理するHEMSですが、水道とガスをこの管理の中に入れる際にはパルス発信式のメーターを設置しなければなりません。

住宅の光熱費のも大きくかかわる電気以外に必要なこのライフラインである『水道・ガス』の使用量をHEMSで管理できるのはものすごく便利です。

水道の使用量がものすごく多い!ということが毎月の検針結果ではなく、毎日の生活で管理できれば、省エネにつながる行動を起こすことが出来ます。

ガスにしても同じで、使用量が目に見えれば確実に光熱費削減に大きな手助けとなします。

パルスメーター

水道・ガスの見える化

HEMSに水道・ガスを連動させるにはパルス発信式のメーターを設置しなければなりません。

もちろん新築のスマートハウスで、水道・ガスも全て管理できるタイプのお家はこのパルス発信式のメーターが取り付けられています。

このパルス発信式のメーターからの信号をHEMSの中核機器が受け取り、モニターに表示します。

パルスメーターの取り付けは?

このパルス発信式のメーターが水道の場合、各家庭にある料金徴収用のメーターより住宅側に設置する必要があります。ガスメーターはガス会社の承認が必要です。

共に専門知識のない自身での交換工事は不可能と思って置いて間違いないでしょう。

水道・ガスのHEMSでの見える化は新築時がベター

水道・ガスの使用量をHEMSで管理しスマートハウスでの光熱費をトータルで下げるということは大切です。

できることなら新築やリフォーム時に専門業者さんに取り付けてもらいましょう

スポンサードリンク

 

-HEMS