フラット35の借り換え!

住宅ローンの見直しをしないと損しますよ!今がチャンス

HEMS

HEMSの標準プロトコルECHONET Liteって?!

HEMSの標準の通信プロトコルと認められたのが『ECHONET Lite』です。

経済産業省が認定し、このECHONET Lite規格のHEMSを対象に補助金が配布されています。

ECHONET Lite

ECHONET Liteで様々なメーカーの製品をつなぐ

スマートハウスの中で使用するスマート家電などは同じメーカーのモノでなければコントロールできないと思いの方多いと思いますが、このECHONET Liteの規格製品は違うメーカーの家電製品でもHEMSでコントロールすることが可能です。

ECHONET Liteで制御機器は無限大に

このスマートハウスのHEMSでコントロールできるということはそのコントローラーでもあるスマホで操作できるということです。

ECHONET Liteに対応した家電製品は今後たくさん出てくるはずです。それらの商品はスマホからスイッチを入れたり、制御することが可能な製品です。

キッチン家電から防犯などの住宅設備など、可能性か無限大に広がります。

ECHONET Liteのデメリット

日本で生まれたECHONET Liteという規格、今現在では世界標準の規格ではありません。先端の技術ではありますが、携帯電話のようにガラパゴス化する可能性もあります。

このECHONET Liteが世界のHEMSの標準になるよう経済産業省には旗振り役をお願いしたいですね。

「スマートハウス」の規格を国際基準に

スポンサードリンク

 

-HEMS