フラット35の借り換え!

住宅ローンの見直しをしないと損しますよ!今がチャンス

HEMS

LIXILのHEMS『みるる』は多機能

LIXILのHEMSは『みるる』です。

このみるるは電気エネルギーだけではなく、水道・ガスエネルギーも見える化することが出来るHEMSで、新築住宅はもちろん、既存の住宅、中古住宅に取り付けることも可能です。

特徴は各エネルギーデーターのやり取りが無線接続で行われるため、取り付け施工が比較的に容易な点です。

取り付けが容易なのに機能満載で部屋単位、使用機器単位での細かい電力などのエネルギー管理が可能です。

lixilみるる

見えるかは専用タブレットで

7インチの専用タブレットでどこにいても住宅のエネルギーを見ることが出来るので、家族全員で省エネ意識を向上することが出来ますね。

過去25カ月分にデータを保存することができ、目標光熱費の設定や使いすぎ防止機能なども備えています。

このタブレット端末、普段はインターネット使用も可能ですよ。

みるるはセンサーユニットとタップ併用!

LIXILのHEMS『みるる』は分電盤に接続する多回路CTセンサーユニットと無線電気タップ、パルス送信機、それらのデータをまとめる中継器から成り立ち、電気のみならずガス・水道全てのエネルギーを管理することが出来ます。

分電盤接続のセンサーユニットで各部屋の電力使用状況確認でき、さらに電力タップで自分が計測したい電力機器単体の電力使用量も確認できます。

みるるの価格

基本構成価格
242,000円(税別、設置工事費は含みません)
(専用タブレット端末×1台、多回路CTセンサーユニット×1台、中継器×1台、送信機×1台)

もちろん補助金対象HEMSなので10万円の満額補助が可能な商品ですね!

HEMS導入に当たっての補助金の説明

スポンサードリンク

 

-HEMS