フラット35の借り換え!

住宅ローンの見直しをしないと損しますよ!今がチャンス

スマートハウスとは

スマートハウスの普及は脱原発にもつながります!

スマートハウスの大きな目的は、省エネで住める家を目指した家です。

簡単に言うと高気密で高断熱の材料をたくさん使い、隙間を出来る限りなくしエアコン1台でも快適に過ごせる家を目指す家です。

断熱材を使用していない家の場合は、屋根や窓、壁にどうしても隙間があり、すきま風が入ってきます。

全館換気のスマートハウス

結果として、エアコンをたくさん稼働させないと、なかなか暖まらないので電気やガスなどのエネルギーをたくさん利用することになります。

特に、冬のお風呂場やトイレなどは冷えきってしまっているので、高齢者の方はヒートショックで生命にも関わって来る危険性があります。

しかし、断熱材をたくさん使用した家では、気密性が高いので、すきま風が入りにくく、エアコン1台で家全体を暖める事も可能になります。

と言っても、人間が住む以上、二酸化炭素を換気する必要もあります。

この点も、最新のスマートハウスでは「全館換気」で全館を一定量で換気する事が出来ます、特に臭いがこもるような、キッチンやトイレなどでは「局所換気」と言う方法で、気密性を高めつつもきちんと換気をしてくれます。

冬の乾燥する時期には、湿度が低くなるとウィルスが蔓延しますが、最新のスマートハウスでは、湿度を40%に保つ事も出来るので、ウィルスが蔓延する事を防いでくれます。

スマートハウスの普及が進むにつれて、省エネが達成されて、結果として脱原発にもつながると思います。

スマートハウスは、まだまだ成長途中ですが、資源の少ない日本にとっては救世主になる存在になっています。

スポンサードリンク

 

-スマートハウスとは